「天気の子」ベトナム上映が待ち遠しい!新海誠監督作品の個人的ベスト3

「天気の子」ベトナム上映が待ち遠しい!新海誠監督作品の個人的ベスト3雑記

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分 49 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.新海誠監督が気になる方
2.「天気の子」に興味をお持ちの方

こんばんは。
ついに、新海誠監督の最新作「天気の子」の公開が日本で始まりましたね。

しかし、ベトナムでは公開が2019年8月30日なのです。。。

Đứa con của thời tiết - Weathering with you 2019 | Thông tin - Lịch chiếu | CGV
High school freshman Hodaka Morishima leaves his home on an isolated island and moves to Tokyo, but immediately becomes broke. He lives his days in isolation, b...

「君の名は。」のベトナムでの公開が、日本での公開後、約半年後だったことを
考えると、全然スパンが短いのですが、待たないといけないのは辛いところです。

なので、今回は個人的にベストだと思う新海誠監督の作品3つを
紹介したいと思います。

「君の名は。」で新海誠監督を知った方も、「天気の子」で知った方にも
オススメしたい作品になるため、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

第3位:君の名は。

第3位は「君の名は。」です。
この作品で、新海誠監督を知った方が一番多いのではないでしょうか。

都会暮らしの少年と、田舎暮らしの少女が入れ替わるという話でしたが、
おそらく大ヒットした理由としてはRADWIMPSとのコラボが大きいんじゃないかと
思います。
もし、RADWIMPSとのコラボがなければここまでヒットしていなかったのかも
しれませんね。

私自身は、PCゲームのOP等を手がけていた頃からの新海誠監督のファンだったので、
非常に楽しみにしていましたが、ベトナムでの公開が日本での公開の約半年後
だったため、ほんの少しだけ熱が冷めてしまった頃に観ることになりました。

それでも、ストーリー自体は良かったですし、RADWIMPSの音楽との
組み合わせも素晴らしい映画だったと思います。

第2位:秒速5センチメートル

第2位は、「秒速5センチメートル」です。
この映画が公開された時、たまたま東京で仕事をしていたこともあり、
三回ぐらい渋谷にあった「渋谷シネマライズ」というミニシアターに
足を運んだぐらい好きな作品の一つです。

親の事情で転校を繰り返す事が多かった男女の時間と、距離感をテーマにした
映画で、結ばれそうで結ばれないもどかしさが、割と好きでした。

映画としては、短編3部構成となっていますが、一番好きなのはやはり一番最後の
「秒速5センチメートル」ですかね。

物語の主人公である貴樹が就いた職業がシステムエンジニアだった、かつ
舞台が東京だったということもあり、ものすごく共感したことを覚えています。

また、「秒速5センチメートル」の部で大人になった貴樹が使用しているのが
京セラのWK310K(通称京ぽん2)という、非常にマイナーな携帯電話だったのですが、
当時私も同じ携帯電話を持っていて、すごいなと思ったことが今でも覚えています。

結局、最後は離れ離れになってしまうわけですが、この映画のラストは
新海誠監督の作品の中でも一番好きですね。
割と最後がモヤっとする感じで終わる作品が多かった中で、この作品は
スッキリした感じで見終わるので、新海誠監督の作品を観ていない方には
最初に観ることをオススメします。

第1位:雲のむこう、約束の場所

第1位は「雲のむこう、約束の場所」です。
まだ、新海誠監督がほんの一部の間でだけ有名だった頃の作品で、
知らない方が殆かと思います。

この作品は、少年2人と1人の少女が日本が南北に分断されたという設定下で、
何故建築されたのか分からない純白の塔を目指すという物語になります。

この映画は、ラストがモヤっとする感じで終わる作品の一つです。
実は、映画のラストの後の話は、加納新太さんが書いた小説版にあるのですが、
そのラストが本当に物語の主人公である浩樹にとっては、辛すぎるものになっています。

そして、更にその後の浩樹が、映画の冒頭のシーンで描かれていると思うと、
本当にこの映画は奥が深いなと思わされます。

この記事を書いている時点で、まだ「天気の子」を観れては居ないのですが、
予告編とかから想像するに、この映画と同じような結末になる予想を
しているので、「天気の子」の公開が非常に楽しみでしょうがないです。

「天気の子」ベトナム上映が待ち遠しい!

というわけで、新海誠監督の個人的ベスト3を紹介しましたが
如何でしたでしょうか?

「天気の子」は既に日本で公開されていますが、ベトナムではあと1ヶ月半近く
待たないといけないのが非常に辛いところです。

是非、この機会に新海誠監督の作品に触れてみてください。
また、ワースト3も作ってみたので合わせてご覧になってみてください。

ファンだからこそ挙げたい!新海誠監督作品の個人的ワースト3
本記事はこんな方にオススメです。 1.新海誠監督が気になる方 2.「天気の子」に興味をお持ちの方 こんにちは。 先日、私が大ファンである新海誠監督の作品の個人的ベスト3の記事を 作成しましたが、...

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました