どれだけ迷わせたら気が済む!? Dropbox Paperがドキュメント作成サービスとして有能な件

どれだけ迷わせたら気が済む!? Dropbox Paperがドキュメント作成サービスとして有能な件 サービス・アプリ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 26 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.PC、スマホでメモやドキュメント作成を行う方
2.会議での議事録の記録が面倒な方
3.Dropbox Paperが気になる方

こんばんわ。
ここ最近は、仕事が忙しくバタバタしている中の人です。

今回は、久しぶりにWebサービスの紹介です。
今回紹介するのは「Dropbox Paper」というサービスになります。

過去にも、ノート・メモアプリを何度か紹介していますが、
「Dropbox Paper」は真面目な話、今後がとても楽しみなサービスになります。

過去に紹介したノート・メモアプリは以下の記事をご覧下さい。

探し求めていたノートアプリが見つかった!「SimpleNote」の紹介
本記事はこんな方にオススメです。 1.マルチデバイス対応のノートアプリを探している方 2.シンプルなノートアプリ探している方 3.クラウド保存対応のノートアプリを探している方 こんばんわ。 また...
今、ノート・メモアプリはどのアプリが良いのかを考えてみた
本記事はこんな方にオススメです。 1.自分の納得がいくノート・メモアプリを探している方 2.今のノート・メモアプリが使いづらいと思っている方 こんばんわ。 皆さんは、スマホやPCでノート・メモアプ...

では、「Dropbox Paper」がどんなサービスかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Dropbox Paperとは

「Dropbox Paper」は、クラウドファイル保管サービスを提供している
Dropbox社が提供しているドキュメント作成サービスになります。

https://paper.dropbox.com/

類似サービスとして有名なのは、Evernote辺りになりますかね。

Evernoteは私も以前使用していましたが、Dropbox Paperを知り、
しばらく併用してからは、Dropbox Paperに集約するようになってきました。

Evernoteも素晴らしいドキュメント作成サービスではありますが、
無料版での制限も厳しくなり、使いづらくなってきている印象はありました。

Dropbox Paperは、現状完全無料で使用することが出来る、かつ
Evernote以上に利便性が良くなったサービスに仕上がっていると感じています。

以降の項で、Dropbox Paperの利点、欠点をいくつか挙げていきます。

Dropbox Paperの利点

全て無料!

こう書いてしまうと、ちょっと怪しいサービスに見えてしまうかもしれませんが、
Dropbox Paperはどれだけドキュメントを作成しようが全て無料です。

作成したドキュメントは、PDF、Microsoft Word形式、Markdown形式に
エクスポートも可能ですが、全て無料で使えます。

類似サービスでは、容量の制限があったり、機能の制限があるものが
多いだけに、全て無料で使用できるのはかなり大きいと思います。

Googleアカウントがあれば、楽々登録できる

これも、個人的には一つの利点と考えています。

いちいちアカウントを作成するのも面倒ですし、それがGoogleアカウントで
登録できるのは、使用するまでの敷居を下げるのに繋がっていると思います。

Googleカレンダーとの関連付けが便利

個人で使っている分にはそれほど利点はないかもしれないですが、
仕事でミーティングの議事録とかを取る時に便利なのが、
Googleカレンダーとの関連付けです。

予めGoogleカレンダーと連携を設定しておくと、トップページに
予定が表示され、その予定から議事録を作成することが可能です。

paper1

paper2

paper3

繰り返しの予定に設定している場合は、一つのドキュメント内で、
日付単位で紐付いていく感じになります。

Markdown記法も使えるので、書式が整えやすい

ここが大きな利点ではないかと思います。
Markdownを知っている方は分かると思いますが、非常に便利ですよね。

Dropbox Paperでは、普通に文章を書くことも出来ますし、
部分的にMarkdown記法を使用することも出来ます。

そのため、「Markdownなんて見出しの設定ぐらいしか知らない」と
言う方でも、見出しだけMarkdown記法を使って全体を整える、という
ことが可能になります。
(かくいう、私がその一人ではありますが)

また、その他キーボードショートカットを含めたチートシートを
常に画面横に表示しておきながらドキュメントを作成できるので、
それを見ながら覚える、と言うことも可能です。

paper4

paper5

表はもちろん、タイムラインまで使える

Dropbox Paperでは、Wordと同じような感じで表を作成できるのはもちろんのこと、
タイムラインまで使えてしまいます!

paper6

もはや、Wordを使って文書を作成するのがなんだったんだろうと思うぐらい、
便利な機能が有りすぎて使いこなすのが大変です。

Dropbox Paperの欠点・改善してほしい所

デスクトップアプリがない

ここまで、素晴らしいサービスにも関わらず、現時点でデスクトップアプリが存在していません😭
スマホアプリはありますが、やはりデスクトップアプリも欲しいですよね。。。

オフラインで使用できるようになると、Evernoteユーザの乗り換え等も
期待できると思うので、是非早々のリリースをしてほしいものです。

複数アカウントの切り替えがおかしい

スマホアプリのみの問題ですが、複数アカウントを設定している場合に、アカウントを
切り替えようとすると、何故かログイン画面の繰り返しになる、
と言うことが何度か発生しました。
私のように、プライベート用と仕事用で使い分ける人は少ないと思いますが、
この辺りは改善されてほしいですね。

ダークモードがない

これは、最近の流行りと言うわけではないですが、やはり白背景の画面は
目がチカチカするので、ダークモードがほしいですね。
要望も多いと思うので、近いうちに実装される事に期待です!

まとめ

以上、Dropbox Paperについて書いてみましたが如何でしたでしょうか?

非常に使いやすい機能が豊富で、尚且無料と来ているので、
一度試して見る価値はあるかと思います。

Dropbox Paperでドキュメント作成やりだすと、正直Word使うのが
嫌になるぐらい綺麗に簡単にドキュメントがつくれてしまいます(笑)

是非、皆さんも一度利用してみてください。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました