ベトナム在住7年目にして、初めてダラットに行ってきました!

dalat ベトナム生活
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 29 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.ダラットがどんな所か知りたい方
2.ダラットでの過ごし方はどうするのか知りたい方

こんばんわ。
連日猛暑が続き、家に引きこもっている管理人ですw

今回は、少し遅くなりましたが先日ダラットに
行ってきた話です。

7年もベトナムに在住していて、初めて行ってきたので
言葉足らずな面もあるかもしれませんが、
是非ダラットに行く際の参考になればと思います。

スポンサーリンク

寝台バスがほぼカプセルホテル仕様

ダラットには、寝台バスを利用しました。
飛行機でも行けますが、値段が張るので。。。

利用したバス会社は「Thành Bưởi」という、
ホーチミンでは割とメジャーなバス会社のバスです。

http://thanhbuoi.com.vn/default.aspx

このバス会社の、VIPクラスのバスを利用してきました。
何故、VIPクラスかというと、

dalat1

dalat2

こんな感じで、シートが超快適仕様になっているからです。
これは、子連れには嬉しい仕様でした。

その分価格も上がりますが、それでも一人片道37万ドンなので
十分安いです。

USB端子、テレビ(Androidのカスタマイズで、映画が少し見れる)も
あり、道中でも快適でした。

dalat3

dalat4

嫁さんの方は、子供と一緒だったため窮屈だったそうですが、
私は一人でぐっすり寝て、気づけばダラットでした^^;

夜は日本の冬並みに冷える

ホーチミンを出発したのが夜11時、ダラットに着いたのが
夜中の3時半だったのですが、半端なく寒かったです。。。

日本でいうと、12月ぐらいの気温ですかね?
薄手の長袖のシャツを着ていましたが、それでも寒かったです。

昼間は、天候にもよりますが晴れていると、半袖でちょうど
涼しいぐらいになります。
曇っていたり、雨が降ると長袖必須です。

私自身、長袖のシャツを1枚しか持ってきておらず、
バイクで走った時に、アホみたいに寒かったため
市場で長袖の服を買いました^^;

ダラットの人は優しい人が多い(気がする)

たまたま、そういう人たちに恵まれていたのかなという
だけなのかもしれませんが、ダラットの人は親切な
人が多いように思います。

まず、身近な所で宿泊先のホテルのスタッフ。
夜中の3時半に着いたにも関わらず、部屋を用意してくれた
上に、その分の料金も取られませんでした。

朝食とかは、ホテルの1階にあったレストラン・カフェで
注文し、部屋に持っていき食べていましたが、その時も
スタッフ自らが手伝ってくれるという、接客が
素晴らしいホテルでした。

dalat5

朝食も美味しかったです。

dalat6

観光地とかでも、うちの子供に気を使ってくれるスタッフが多かったです。

以前、ファンティエットに旅行したときは、割といいイメージが
なかっただけに、ダラットは人柄が良いのだなと
よけいに強く感じたのかもしれません。

景色は最高!

山の上の方ということもあり、緑が多く景色が良い所が多いです。
花も様々な種類がいたる所に植えられ、撮影している人が
多かったです。

dalat7

dalat8

dalat9

後は、大きいビルとかがないので、余計に綺麗に感じるのだと思います。

観光名所は多いけど。。。

今回の旅行では、観光ガイドに載っているような観光地には
殆ど行きませんでした。

子供が居たので動きづらかったというのもありますが、
行ってもちょっと見て終わりだよなぁ。。。と思う所が
殆どだったためです。

とは言うものの、観光ガイドに載っていないような場所も
あるのが旅行では面白いところ。

個人的に「おおー」と思ったのは、ベトナム人の間で
流行っているらしい山の上の方にあるカフェでした。

dalat10

dalat11

dalat12

バイクでしか行けないような、険しい山道を登らないと
行けない所にありますが、なかなかオシャレなカフェ
だったので面白かったです。

あと、行くとすればやはり市場ですかね。
街の中心部にありますが、夜になると人出がすごいです。

dalat13

dalat14

市場で多かったのは、やはり衣類ですかね。
ホーチミンでは、ほぼ着ることのないだろうと思うような
長袖の服だらけでしたが、値段はホーチミンで買うよりかは
全然安かったため、冬に日本に行く機会があれば
ダラットに調達しに行くのもありかなと(笑)

某有名キャラクター?のきぐるみも一杯いましたw

dalat15

dalat16

また、写真を撮っておらず悔しいのですが、自撮り棒を
売り歩いている人が多く、その自撮り棒もカメラの
三脚を改造したようなもので、ちょっと欲しかったですw
(値段は聞いていないので分からないですが)

一回は行くことをオススメします

そんな感じで、2泊3日でダラットを堪能してきました。
ダラットは、気温的にはちょうど好みの感じで、
雰囲気も好きだったので、また行きたい所です。

ホーチミンは、雨季を前に猛暑が続いているため、
是非避暑でダラットに出かけてみては如何でしょうか?

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

ベトナム生活
この記事が良いなと思いましたら、シェアお願いします!
Yamaをフォローする
スポンサーリンク
Vietnam Photo Blog

コメント