野生のサルも見れる! ホーチミンから程近い観光地「Cần Giờ」の魅力4選

cangioベトナム生活

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 0 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.ホーチミンから手軽に行ける観光地を知りたい方
2.「Cần Giờ」がどんなところかを知りたい方
3.「Cần Giờ」のおすすめスポットを知りたい方

こんばんわ。
今回は、久しぶりにベトナムブログらしい事を書きます(笑)

先日、4年振りぐらいに「Cần Giờ」というホーチミンから
程近いところにある観光地に行ってきたので、
今回は「Cần Giờ」の魅力を4つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ホーチミン市内から約1時間半〜2時間程度で行ける

ホーチミン市内のどこから行くのかもよりますが、
7区からであれば大体1時間半もあれば行くことが出来ます。

市内中心部からであっても、2時間あれば余裕ではないかと
思います。

因みに、通常7区から行く場合Huỳnh Tấn Phát通りをひたすら
真っ直ぐ行くだけなのですが、今回行く前にGoogleMapでルートを確認した所
何故かそのルートが表示されない事象が発生しました。

googlemap1

途中で乗ることになるフェリーの運行停止も疑いましたが
そんな様子もなくTwitterで問いかけた所、Android版の
GoogleMapではちゃんと表示されるようでした。

そのあと、iOS標準のマップアプリで確認した所、
ちゃんとそのルートが表示されることを確認できました^^;

googlemap1

しかし、なぜiOS版のGoogleMapでそのルートが表示されないのかが
非常に気になるところではあります。

途中で乗るフェリーはこんな感じです。

フェリー乗り場の順番待ち
ferry1

フェリー
enter image description here

フェリー内部
ferry3

フェリーから降りた後も、ひたすら真っ直ぐ行くだけなのですが
アスファルトの舗装が剥がれてる所が多く、道中はガタガタな
所が多いです。
そして、一部再舗装している区間もあり、工事中の所が
多かったという印象でした。(※2019年3月時点)

そのため、バイクで行くと結構お尻が痛くなります(苦笑)

野生のサルが見られる国立公園がある

ホーチミン市内からひたすら真っ直ぐ行き、海に出る手前の
所に「カンザー国立公園」というマングローブ林で有名な
公園があります。

ただ、そこで注目したいのは野生のサルがたくさんいるという所です。

cangio2

cangio3

公園内のいたる所にいます。
基本的には、襲われたりしないですが、何故かうちの
嫁さんと子供は好かれるのか、サルの方から寄ってきて
割とバタバタしてました^^;

下記の記事では、動画も公開されていますので一度
見てみると良いかもしれません。

【第1回】猿!カンザー国立公園に行ってきた
初めまして! みなさんこんにちは、 YouTube チャンネル aNcari Room のあかり です! Chào mọi người, mình tên là akar...

マングローブで覆われた通路も圧巻です。

cangio4

市場での魚介類、貝類の種類が半端ない

Cần Giờは、海が近いということもあり市場では
様々な種類の魚介類や貝類を見ることが出来ます。

cangio5

cangio6

cangio7

その場で調理してもらうことも可能で、市場内に
イートインスペースもあるため、そこで食べてる人が多かったです。

値段もそこそこ安いため、魚介類や貝類が好きな人には
是非オススメしたい所です。

海もそれなりに綺麗(砂浜は汚いけど。。。)

市場から少し行くと、「4月30日ビーチ」と呼ばれている
海岸に出ることが出来ます。

cangio8

この海岸にも、多くのレストランが並び、前項で書いた市場で
魚介類や貝類を購入し、レストランに持ち込んで食べるという
人も多くいます。

バイクで来た場合、レストランにバイクを停めて海で遊ぶという
のが定番になるのかなという感じです。

海自体はそれほど汚いというほどでもないですが、砂浜は
ゴミだらけで微妙な所です。

cangio9

ブンタウとかに比べれば、人が少ないので人混みが嫌いな方は
むしろ良いのかもしれません。

因みに、私は海を見るのは好きですが入るのは嫌いです(苦笑)

まとめ

以上、「Cần Giờ」の魅力を4つ書いてみましたが
如何でしたでしょうか?

バイクで遠出したいけど、ブンタウはちょっと遠いかなと
感じる方には丁度いい距離感なのではないかなと思います。

日帰りで十分楽しめるため、是非週末に行ってみては如何でしょうか。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました