海外送金サービスの「Smiles」で日本からベトナムに送金してみました

smiles サービス・アプリ
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 12 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.日本からベトナムに送金したい方
2.送金手数料を安く抑えたい方
3.「Smiles」ってどうなの?というところを知りたい方

こんにちは。
2018年もあと少しで終わりですね。

そんな年末で忙しい中ですが、今回は以前当ブログでも
紹介した海外送金サービスの「Smiles」で日本から
ベトナムに送金を実施してみたという話を書きます。

以前の紹介記事はこちらです。

スポンサーリンク

まずは「Smiles」のゆうちょ銀行の口座に入金

「Smiles」には、指定のゆうちょ銀行の入金用口座があるため
まずは送金する必要がある金額を入金する必要があります。

必ずしも、その時に送金する必要のある金額だけを
入金する必要はないため、複数回に分けて送金する
場合等は、予めまとめて入金したほうが手数料の節約になります。

また、ゆうちょ銀行からの入金であれば昼夜問わず
すぐに振り込みが完了するため、頻繁に利用する方は
ゆうちょ銀行の口座を作っておくと良いと思います。

なお、入金後は入金報告を「Smiles」に
送信する必要があります。
振り込んだ時間や、振り込んだ時の明細等の写真を
撮るだけなので、非常に簡単です。

およそ、1〜2時間程度で反映されます。

送金先情報の設定

次は、送金先情報の設定を行う必要があります。

まずは、送金先の国を選択します。
選択すると、その国への送金で使用できる
オプションが表示されるので、選択します。

現金受取の場合は、受け取りたい銀行、通貨の
選択になります。

銀行振込の場合は、振込先の銀行、口座番号、
通貨を選択、入力する必要があります。
ここで、口座番号や通貨を間違えると振込失敗の
原因になるため注意してください。

次は、送金先の氏名や住所情報を入力する画面に
なります。
この辺りは、項目に従って入力すれば良いので
説明は省略します。

これで、送金先情報の設定は完了です。

いよいよ送金!・・・の前にレートの確認を

送金先情報が設定できれば、あとは送金するだけですが
その前に為替レートは確認しておきましょう。

ベトナムへの送金の場合、レートが更新されるのが
大体日本時間のお昼ごろとなります。
そのため、ドル円が前日より円高気味だなと
思うときは更新まで待ったほうが良いかもしれません。
少しでもレートが良いほうがお得ですしね。

送金は非常に簡単です

為替レートの確認も終わったら、いよいよ送金です。

送金は「送金/支払い」タブを選択し、「送金・支払い先を選ぶ」を
選択します。

選択すると、送金先情報で設定した情報の一覧が
出るため、選択します。

あとは、送金額、送金目的等を選択するだけです。
なお、送金時にポイントが貰えるので、次回以降
そのポイントを手数料として使うことも出来ます。

送金は3〜4時間程度で完了(銀行振込の場合)

何事も問題がなければ、送金申請後3〜4時間程度で
送金先の銀行口座に振り込まれます。

もし、なにか問題があった場合は「Smiles」から連絡が
来ると思います。

現金受取の場合は、15分程度で着金するとのことですが
今回は試していないため、別の機会で試したいと思います。

送金の一連の流れとしては、以上となります。

2019年1月1日からマイナンバーが必須になります

非常に簡単な手続きで、海外送金が出来る「Smiles」ですが
残念なことに2019年1月1日以降、マイナンバーの登録がないと
送金が出来ないようになります。

この辺りは、日本の法律絡みで仕方ない流れではあるのかなと
思いますが、非居住者のようにマイナンバーを持っていない人も
多いため、非居住者向けになんとかならないものかなと
思っています。

一応、他のサービスも確認したところ「TransferWise 」は
非居住者向けにマイナンバー不要の確認方法があり、
「DCOM Money Express」は、まだマイナンバー登録必須と
いう流れにはなっていないようです。

ただ、別記事にしようと思いますが「DCOM Money Express」で
送金しようとして、出来なかったということもあるため、
「TransferWise」が良いのかもしれませんね。

マイナンバーをお持ちの方には、「Smiles」は非常にオススメしたい
海外送金サービスではあるため、是非使ってみてください。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

サービス・アプリ
この記事が良いなと思いましたら、シェアお願いします!
Yamaをフォローする
スポンサーリンク
Vietnam Photo Blog

コメント