日本への一時帰国時に使いたい! 「Japan Connected-free Wi-Fi」が便利そうなので紹介

日本への一時帰国時に使いたい! 「Japan Connected-free Wi-Fi」が便利そうなので紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 35 秒です。

こんにちは。
2018年も11月に入り、日本は年末に
向けてまっしぐらという感じですかね。

ホーチミンはというと、日が落ちるのが早く
なったぐらいで、気温は相変わらず夏です^^;

前置きはそれぐらいにして。
今回は、年末年始に日本に一時帰国される方も
多いと思いますので、その時に役立ちそうな
アプリを紹介したいと思います。

Japan Connected-free Wi-Fiとは

NTTBP(NTTブロードバンドプラットフォーム)が
複数の通信事業者と提携し、展開している
無料Wifiスポットになります。

訪日外国人向けのサービスとなりますが、
日本人でも利用することが出来ます。

数多くの通信事業者と提携しているため、
日本全国で17万スポットあります。

特に、東京周辺では主要な駅周辺は
広い範囲でカバーされています。

使うときは、最初に利用者登録をするだけ

japanwifi1
Wifi接続を利用するために必要なのは、
最初に一回利用者登録をするだけです。
利用者登録も、以下の方法があり、楽にできます。

・Googleアカウント認証
・twitterアカウント認証
・Facebookアカウント認証
・Weiboアカウント認証
・LINEアカウント認証
・dアカウント認証
・メールアドレス登録

twitterやLINEアカウントでの認証があるのは
良いですね。
ただし、LINEアカウントの場合、LINE側で
メールアドレスとパスワードを設定しておく
必要があるため、注意してください。

利用者登録が完了すると、以下の画面になり
使用可能となります。
japanwifi2

japanwifi3

主要都市は殆どカバーされています

対応エリアは、東京、大阪はもちろんのこと、
名古屋や福岡等の主要都市は殆どカバーされています。
東京や大阪は、細かいエリアでのスポット検索も可能です。

japanwifi4
japanwifi5

インストールしておくだけでバッテリー消耗が激しくなる?

iOSのApp Storeのレビュー欄を見ると、
「インストールしてからバッテリーの減りが早くなった」と
いう書き込みが多いです。
しかし、実際に私もインストールしていますが、
特にバッテリーの減りが早いなと感じることは
ありません。
書き込みも1年以上前のものであり、
随時改良、修正が実施されているため、改善しているものと
思われます。
ただ、位置情報を取得するのにバッテリーを消耗している
可能性はあるため、iPhoneの場合アプリを使用中のみ
位置情報を使用する設定にしておいたほうが
無難かもしれません。

オフラインマップも使えます

japanwifi6

Wifiスポットを探す場合、インターネット接続可能な環境が
必要となりますが、予めオフラインマップを
ダウンロードしておくことも出来ます。
オフラインマップをダウンロードしておくことで、
日本についてすぐインターネットに接続できず、
スポット検索が出来ないということもなくなるため、
予め到着地周辺のオフラインマップを
ダウンロードしておくと便利です。

あくまで一時的な利用で活用しましょう

以上で、「Japan Connected-free Wi-Fi」の紹介は
終わりますが、無料Wifiスポットはセキュリティ面では
かなり危ない分類に入ります。
パスワードもなにもないため、誰でも他の人の
通信内容を見ようと思えば見れてしまうためです。

そのため、無料Wifiはあくまで一時的な利用として
活用し、基本的にはデータ通信SIM等を購入した
方が良いです。
データ通信SIMも、7日間や14日間等、様々なタイプが
あるため、滞在日数に応じて選べるのが魅力的です。

私も、去年仕事で一時帰国した際は、真っ先に
データ通信SIMを買いに行ってました^^;

無料Wifiは便利ですが、決して仕事用途で使うことが
ないように注意しましょう。

では、今回はこのぐらいで。
次回もお楽しみに!

ベトナム在住歴6年のアラサーです。
ベトナム人の嫁さんと、娘1人の3人でドタバタな日々を過ごしてます。
仕事は、SEと言う名の何でも屋でかれこれ10年以上この仕事で食ってます^^;