新型Macbook Airが本命にドンピシャ!だけど、気になるポイント3つ

新型Macbook Airが本命にドンピシャ!だけど、気になるポイント3つ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 35 秒です。

こんばんわ。
2018年10月30日未明に行われた、Appleの新製品発表イベントで
まさかの新型Macbook Airが発表されましたね。

主な特徴としては、

・Retinaディスプレイ搭載
・Touch ID搭載
・第3世代バタフライキーボード採用
・ForceTouch対応トラックパッド

が挙げられます。
ぱっと機能を見た感じでは、Macbook Proの
2018年版の廉価版と言ってもおかしくないですよね。

Macbook ProのTouch barもいいなーと思いつつも
必要かな?、でもTouch IDは良いなと思っていた
自分には本命にドンピシャな端末でした。

ただ、色んな実機レビューを見ていると
少し気になるポイントが有るため、
今回はそれらを挙げていきたいと思います。

CPUの性能があまり良くない?

上記の記事で取り上げられていますが、
CPUの性能としては、12インチMacbookの
後継となるようです。
そのため、動画編集等の負荷がかかる処理は
かなり厳しいものがあるかもしれませんね。

とはいえ、私はというと動画編集はせず
やるとしても画像編集のため、それほど
問題になるレベルではないのかなと思っています。

しかし、性能としては気になるところではあるため、
発売後のベンチマーク結果等も見て検討したい所です。

SDカードスロットが廃止された

時代の波なので、仕方ないとは思いますが
一眼レフカメラ等でSDカードはまだまだ使っている
ため、カードスロットが廃止されたのは
地味に辛い所です。

しかし、USB-Cに対応した周辺機器は数多く
発売されており、カードスロットがあるものも
あるため、困ることはないかもしれません。

価格はMacbook Proとあまり変わらない?

新型Macbook Airの価格は以下の通りです。

128GB:13万4800円
256GB:15万6800円

対して、Macbook Pro 13.3インチ(2018年モデル)の
価格はというと、
256GB:18万6095円(価格.com最安値)

でした。
約3万円差を、安いと見るか高いと見るかは
人それぞれなので難しいところですね。

しかし、2017年モデルのTouch barなしモデル
辺りになると、同じぐらいなんですよね。

実は、私も2017年版のProの購入を検討して
いたのですが、そのタイミングでこれが発表
されたため、正直迷っています。

2017年版のProの方が、性能としてはいいのだと
思いますが、やはり新しいものが欲しいですよね(笑)

まとめ

以上、新型Macbook Airで気になるポイントを3つ
挙げてみましたが、如何でしたでしょうか?

私は、そもそもまだ買うお金がないので、
まずはお金を貯めることから始めないと
いけませんが、発売後に実機を見かけたら
一度触ってみようと思います。

因みに、今私がメインで使っているのが
Macbook Airの2011年モデルとなります。
ベトナムで、中古で買いましたがCPUがCore i7に
グレードアップされたものだったので、まだ現役で
使うことが出来ています。
(既に5年近く使っています。)
が、OSも今年リリースされたものにアップグレード
することもできず、バッテリーも全く持たず、電源を
つないでないと、一瞬でスリープ状態になる等、
ガタが来ているため、早いところ買い替えたい所です。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

ベトナム在住歴6年のアラサーです。
ベトナム人の嫁さんと、娘1人の3人でドタバタな日々を過ごしてます。
仕事は、SEと言う名の何でも屋でかれこれ10年以上この仕事で食ってます^^;